TAKANO YAMAHIKO

高野山彦

- gallery野鳥花蝶写真館 -

日光に写真部で紅葉遊山   —12.10.25—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥
日光に写真部で紅葉遊山   —12.10.25—

以前から杉稲会の写真部で日光に紅葉狩りに出かけることになっていました。コースは尾瀬に行く途中の吹き割れの滝に立ち寄った後、片品から金精峠を超えて奥日光に入りました。好天に恵まれ、年に1度の素晴らしい紅葉を満喫できました。おまけに戦場ヶ原の縁を流れる小川の畔にガマズミの木がたくさんあり、実が たくさんあるため、野鳥の数種の群れが飛び交っていて、その場で1時間ほど鳥撮り三昧になってしまいました。  唐松が全山黄葉していました。  バスから眼下に湯ノ湖 […]

続きを読む

舳倉島の野鳥たちーーその他      —2012.10.12—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥
舳倉島の野鳥たちーーその他      —2012.10.12—

冬場になれば、関東でも観られるその他の野鳥たち—ジョウビタキ、クロジ、ヒバリ、ヤマガラ、ウグイス、モズ 、ヒガラ、シメ、他  キビタキ♀   サメビタキ若 水場にいたコマドリ  ヒガラ  モズ♀の飛翔  ヤマガラ  クロジのペア—(手前が♀奥が♂)  アオジ  岩場のヒバリ  フェンスにでも来るオオ […]

続きを読む

秋の舳倉島で逢った野鳥たち-K.シロハラホウジロ(Tristram’s Bunting)–12.10.10~12–

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥
秋の舳倉島で逢った野鳥たち-K.シロハラホウジロ(Tristram’s Bunting)–12.10.10~12–

舗装したコンクリートの道路上にシロハラホウジロが雌雄飛び交っていました。  雄のシロハラホオジロ  アオジ♀ 

続きを読む

秋の舳倉島で逢った野鳥たち-J.ノビタキ(Common Stonechat )–12.10.10~12–

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥
秋の舳倉島で逢った野鳥たち-J.ノビタキ(Common Stonechat )–12.10.10~12–

ノビタキは港湾の中に開けた原っぱに蛾のような昆虫を捉えた♀1羽だけ観られました。  

続きを読む

秋の舳倉島で逢った野鳥たち-F.ヒレンジャク(Japanese Waxwing )–12.10.10~12–

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥
秋の舳倉島で逢った野鳥たち-F.ヒレンジャク(Japanese Waxwing )–12.10.10~12–

緋連雀は1羽にお目にかかっただけであった。それも夕日の中の色合いの条件の良く無い電線の上に止まったものでした。他のbirderも目撃した話は殆どありませんでした。関東でも、今年は飛来が望めないかもしれない。   

続きを読む

秋の舳倉島で逢った野鳥たち-オオムシクイ(Ph. examinandus )–12.10.10~12–

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥
秋の舳倉島で逢った野鳥たち-オオムシクイ(Ph. examinandus )–12.10.10~12–

従来のコメボソムシクイをオオムシクイと呼称しようとする学説があるようです。メボソムシクイと区別がつけにくいので、必然の流れかもしれない。 現在のところコメボソムシクイとオオムシクイを区別すべきだとする説が定説となっている。事ほどさようにムシクイの類いは外観からは見分けにくいことは確かである。形態学的に外観だけ見ても区別がつけにくく、つい最近判った事だがDNAと鳴き声の声紋分析をしてみなければ判別がつかないということのようである。 もう少し先の時代になって、 […]

続きを読む

秋の舳倉島で逢った野鳥たち-D.カシラダカ(Rustic Bunting)–12.10.10~12–

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥
秋の舳倉島で逢った野鳥たち-D.カシラダカ(Rustic Bunting)–12.10.10~12–

カシラダカも島の岩場や草地などあちこちで見かけられました。冬バネは他のホオジロ科の種類と見分けにくいものです。   岩場のカシラダカ  樹上のカシラダカ  

続きを読む

秋の舳倉島で逢った野鳥たち-C.キマユムシクイ(Yellow-browed Wabler)–12.10.10~12–

  • 日付:
  • カテゴリー: 珍鳥
秋の舳倉島で逢った野鳥たち-C.キマユムシクイ(Yellow-browed Wabler)–12.10.10~12–

輪島港行きのフェリーが出るという1時間30分くらい前に港に向かって歩いていると、民家に近い畑か野原か区別のつかない草むらに動いているセンダイムシクイのようなムシクイを見つけ、取り敢えず撮っておきました。この被写体を港の近くの休憩所に待機していたベテランの“鳥くん”にお願いして鑑別して頂くとキマユムシクイであることが判明しました。彼曰く、「ここ三日これを撮ったと誰も言ってないので、快挙ですよ! 」と仰って下さった。私も初鳥(撮り)なので、この個 […]

続きを読む

秋の舳倉島で逢った野鳥たち-B.ムギマキ(Mugimaki Flycatcher)–12.10.10~12–

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥
秋の舳倉島で逢った野鳥たち-B.ムギマキ(Mugimaki Flycatcher)–12.10.10~12–

観察小屋から龍神池への道と〈へぐら愛らんどタワー〉への道と八坂神社への道の交差点の左側に広がる松林の隣縁にムギマキの♂が松の古木の目線の枝に止まっていました。冬羽に変わりつつある外羽の雨覆や風切羽は構造色を持っているのか、夏羽には観られない、味わい深い色合いを見せてくれました。喉から上腹にかけての鮮やかな橙色が少しでも眼に入るとムギマキだとすぐ判り、慌てず遅れず息を飲んでレンズの方向を定めました。 橙色が喉から上腹にほんの少し見えたムギマキ 上の枝を見上げる一瞬 […]

続きを読む

秋の舳倉島で逢った野鳥たち -A.ミヤマホウジロ(Yellow-throated Bunitng)–2012.10.10~12—

  • 日付:
  • カテゴリー: 珍鳥
秋の舳倉島で逢った野鳥たち -A.ミヤマホウジロ(Yellow-throated Bunitng)–2012.10.10~12—

関東地方では埼玉県の中央部で2度ばかりひとつがいにお目にかかったミヤマホウジロもここでは10数羽 に逢うことが出来ました。去年はもっと数が多かったそうです。大げさな言い方をすれば島中に観られたとも聞きました。明るいコンクリート舗装の道端の草の実を食べていました。ホウジロ科の中でも際立った衣装の美しさを見せてくれます。       ミヤマホウジロの♀ーーー少し遠くてピンアマになりました。    正面からの […]

続きを読む