TAKANO YAMAHIKO

高野山彦

- gallery野鳥花蝶写真館 -

センダイムシクイ『eastern crowned warbler (Phylloscopus coronets)』—2017.8.27—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他
センダイムシクイ『eastern crowned warbler (Phylloscopus coronets)』—2017.8.27—

昨日までの3日間は8月に入って最も暑かったと言っていいほどの猛烈な暑さでした。一晩(12時間)経って、秋雨前線のような前線が日本列島を日本海側から太平洋側に南下し、少しは気温も下降気味になった今朝、善福寺川筋をカメラ持参で観察していると、シジュウガラ、メジロと混在でセンダイムシクイらしき南西諸島への初秋の渡りの1羽を目撃。川沿いの立木と下草の辺りを朝の探餌行動中のようです。1度は見失いましたが、混在全体の 移動をじっと目視していると対岸のアカメガシワの木に見え隠れしているのが […]

続きを読む

カワセミ3羽登場 !! — 2017.8.24—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他
カワセミ3羽登場  !!       — 2017.8.24—

和田堀池から約1.2キロ上流の新しくできた洪水防止用プールの取水口前の川幅がやや広くなった浅瀬にコサギやダイサギ、アオサギ、カワウ、などの水鳥がよくやってきますが、ここにカワセミが3羽現れました。近所の方々も大喜びです。   コサギとカワセミ2羽  

続きを読む

オオタカの営巣〜〜思い出集   —2017.8.22—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他
オオタカの営巣〜〜思い出集   —2017.8.22—

雛3羽のうち2羽が100羽余のカラスの餌食になったことは残念でしたが、1羽が無事立派な幼鳥になり、両親から離れて独立し、生誕地を後にしたのは昨日のような気がします。善福寺川界隈では初めての営巣ということもあり、カメラマンもbirderも愛鳥家のご近所の皆さんも大変良い記憶に残る思い出の夏になりました。                    

続きを読む

オオタカ幼鳥が無事生まれ故郷を後にしました   —2017.8.14—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他
オオタカ幼鳥が無事生まれ故郷を後にしました   —2017.8.14—

オオタカの幼鳥が約40日間で生まれ故郷の善福寺川中流域のヒマラヤスギの森を 後にしたのは8月の上旬でした。 無事自立して独力で 獲物が摂れるようになり、長い間楽しみ、見守っていた近所の人やカメラマンやBirderも安堵の胸をなでおろした感じです。 思い出のシーンを残しておきます。 ここで営巣した思い出のヒマラヤスギの森① 思い出のヒマラヤスギの森② 緑陰広場からオオタカを楽しむ人達。 オオタカ幼鳥がカメラマンの見守る中で初めてコゲラと思われる餌を食べた後、木の下に落ちていた羽 […]

続きを読む

シロチョウゲンボウ     — 2017,8,9—

  • 日付:
  • カテゴリー: 珍鳥
シロチョウゲンボウ      — 2017,8,9—

孫娘の次女が今年の6/14に ひ孫の男児を出産しました。ちょうど生後1ケ月くらいに母親に抱っこされたまま撮った写真をシロチョウゲンボウの背に乗っけてみました。私としては孫娘の長女が二人の女児を出産した後 継いで3人目のひ孫が生まれ、生命の継承が順調なことと、この児の無垢な微笑みを見て、ただただ心から嬉しさがこみ上げてきたのです。 ご笑覧ください。 シロチョウゲンボウに乗ったひ孫 カルガモの幼鳥〜〜「おしくらまんじゅう」 

続きを読む

オオタカ(Northern Goshawk)幼鳥とカルガモの対峙 — 2017.8.7—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他
オオタカ(Northern  Goshawk)幼鳥とカルガモの対峙 — 2017.8.7—

オオタカの幼鳥が暑いので、川に下りて水浴びをしようとしましたが、近くにいた、六羽の幼鳥を伴ったカルガモの母親から、ガガガッと大声で牽制され、ただじっと見ているだけでした。カルガモの母親の勢いに押されて カルガモの幼鳥を襲うどころではなかったようです。birder方はカルガモの幼鳥でも摂って、親頼みではなく早く自力で生きて行けるようにと願ってはいるのですが・・・  ①カルガモの母親に口撃されるオオタカ幼鳥 ②「早く上流へ行きましょう」と 、カルガモの母親 ③「みんな、 […]

続きを読む

オオタカ(Northern Goshawk)幼鳥のセミ取り — 2017.8.5—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他
オオタカ(Northern  Goshawk)幼鳥のセミ取り — 2017.8.5—

オオタカ幼鳥は母親から給餌されなくなり、独力でセミや小鳥を取り始めました。森にはセミがたくさんいるのでよく食べています。それでも危なっかしく、カラスにちょっかいを出されて、べそをかいたり、か細い声で母親を呼んだりしています。母鳥はほとんど姿を見せません。アブラゼミの捕獲に失敗したシーンを掲載します。 鼻の先にアブラゼミが飛んできました。 よし、捕まえよう! 足の爪が大きくてつかめません。  逃してしまいました。  とうとう取り逃がしてしまいました〜〜残念で […]

続きを読む

オオタカ(Northern Goshawk)幼鳥の飛翔 — 2017.8.3—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他
オオタカ(Northern  Goshawk)幼鳥の飛翔 — 2017.8.3—

オオタカの幼鳥の行動半径は日ごとに川の上流と下流それに上空へと拡大しつつあります。カラスとやりあったり、逃げたり、追っかけたり、時々セミを捕ったりと結構忙しいようです。カメラマンは一向に減ることなく、視野から 消えると急に寂しくなり、我慢強く待機したり、探し求めたりしています。今日は森から飛び出す飛翔特集です。    

続きを読む