TAKANO YAMAHIKO

高野山彦

- gallery野鳥花蝶写真館 -

ジョウビタキ(Daurian Redstart) ♂ —15.10.29—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥
ジョウビタキ(Daurian Redstart) ♂       —15.10.29—

今日は集中的にジョウビタキの♂に挑戦しました。 やっと樹々の枝に止まってくれるところが撮れました。   飛び出し これ迄はほとんどアンテナや電線に止まったシーンでした。

続きを読む

ジョウビタキ♀(Daurian Redstart) 他 —15.10.29—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他
ジョウビタキ♀(Daurian Redstart)  他      —15.10.29—

ジョウビタキの♀はとてもかわいい。 小さなドングリ眼で動作が敏捷。 ♂よりも近くに寄って来てくれたので 残り少ないハナミズキの実や葉っぱをバックに 夕日を通して晩秋のムードの中で再度撮影出来ました。 さくらの木の枝でも一服 逆光を煙突でカバー 民家の近くのfenceでひと休みしていたモズ♂ 夕刻の川のオナガガモ2対 夕日ケ丘から飛行機雲崩れの夕焼けを眺めて本日は終了。  

続きを読む

ジョウビタキ(Daurian Redstart) —15.10.28—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他
ジョウビタキ(Daurian Redstart)        —15.10.28—

約1週間程前からジョウビタキが川筋のあちこちに入っていた事は鳥友から聞いていました。今秋 今日が飛来以来の初撮影です。 ♂ ♀ ジョウビタキも食べる瑞々しく熟したハナミズキの実 ジョウビタキのいる辺りの秋景色 赤い葉は柿の木の葉です 

続きを読む

カルガモ&マガモ♀&オナガガモ       —15.10.26—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥
カルガモ&マガモ♀&オナガガモ                  —15.10.26—

留鳥のカルガモと最近飛来したマガモの♀、オナガガモは狭い池の中では仲良くしています。最近、カルガモはドングリを補食するため陸に上がって来て、警戒をしながら餌を啄んでいます。オナガガモ♂の羽搏き カルガモの羽搏き ウチ羽は真っ白 時々同種で諍いを起こします。 ドングリを補食しに丘の上に上がります。 秋色に染まった池にマガモの♀が入りました。 羽づくろいをしていました。 オナガガモ♀ 

続きを読む

アケビコノハ(通草木葉蛾、学名: Eudocima tyrannus)   —15.10.25—

アケビコノハ(通草木葉蛾、学名: Eudocima tyrannus)   —15.10.25—

    これはただの枯れ葉!?   枯れ葉が生き葉にしがみつく訳はない。 よちよち歩き出して初めて蛾である事が判ります。 これを野鳥たちが見ると何かの目玉と間違えてギョットするかも知れません。 下から見た所。 真上から見た所。 真正面から見た所。 それにしても見事な擬態の蛾です。これも池の縁にいました。ヒヨドリやカラスやゴイサギやカルガモやカワセミしか現れないので、みんなで感心しながらこのアケビコノハを観察撮影しました。 

続きを読む

ウラギンシジミ  —15.10.24—

ウラギンシジミ  —15.10.24—

池のうちそとを猛speedで飛ぶウラギンシジミの♂と♀を捉えました。  ♂  ♀ 

続きを読む

キボシカミキリムシ(Psacothea hilaris hilaris )       —15.10.23—

キボシカミキリムシ(Psacothea hilaris hilaris )       —15.10.23—

クワやイチジクなどの樹皮や葉を食べるキボシカミキリムシ。池の回りの桑の葉に来ていました。体長は14~30mm。  黄色い斑紋と長い触角が特徴のカミキリムシ。触角は大変長く、体長の2倍以上ある。池の回りは食樹となるクワが多いため、時々見かけます。         

続きを読む

モンシロチョウ&キタキチョウ    

池の渕に咲いているセイタカアワダチソウに モンシロチョウが2頭 吸蜜にやって来ていました。 秋のモンシロチョウは春夏よりもこの時期 動きが遅く 比較的撮りやすかったです。 キタキチョウ表面 キタキチョウ裏面

続きを読む

アオバズクは無事に・・・・ —15.10.20—

  • 日付:
  • カテゴリー: 風景
アオバズクは無事に・・・・ —15.10.20—

いつもより早く目が覚め、昨日のアオバズクが無事にいなくなっているかどうか確かめたくてhandy camera持参で昨日居たpointに自転車で行きました。どの大木を探しても居なくなっていました。どうやら西へ西へと飛び去った後のようでした。久しぶりに早朝に森に来たものだから、人気の少ない朝の森はとても新鮮に見えました。その上、今朝は少し秋の冷気で薄い朝靄が地表に立っていました。見慣れた風景も光と気象現象の変化により新鮮な風景を見せてくれました。  散歩する人々 緑陰広 […]

続きを読む

アオバズク(Brown Hawk Owl)      —15.10.19—

  • 日付:
  • カテゴリー: 珍鳥
アオバズク(Brown Hawk Owl)      —15.10.19—

our fieldでは珍しいアオバズクが 東南アジアへの帰途、この大きな森の一角に 舞い降りました。 Sさんが川に沿った帰り道に発見して下さって、 「猛禽がいる!」と。 私達にわざわざ700mほどの距離を引き返し、教えに戻って来てくれました。 一旦見失ったようですがまもなく再発見。 今日は機材が大型のため、老体の私は一旦諦めましたが、 Nさんが間もなく電話で「アオバズク」だと知らせてくれました。 私は急いで16:10:10 に銀杏の木に止まった珍鳥をgetできました。 Sさん […]

続きを読む