小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。

高野山彦  (profile  /  English Greetings)

2007年より始めた「Gooブログ “高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館”」より引っ越ししました。
お陰様で、記事はいつの間にか2000近くとなり、写真は2万枚を超えました。(2019年6月時点)

図鑑を楽しむように気軽に写真を眺めていただくもよし、
基本的にカタカナで名前をいれていますので、お目当てを探してみてください。
色彩あふれる自然の中で、逞しく華麗に躍動する生き物たちの姿をお楽しみください。

無断転載を禁じます。サイトのご利用については利用規約をお読みください。

 

ギャラリー新着記事(最新10件 詳細はギャラリーページへ)

四季折々の自然の表情を、ブログ形式で刻々とお伝えしています。

ソメイヨシノ満開

COVID-19の猛威をよそに善福寺川公園では 見事にソメイヨシノが咲きそろいました。

コサギ(Little Egret) in 寒風

夕方、水面を渡る寒い北風の中、コサギが懸命に小魚を探していました。  

シジュウガラの春

新芽の出た「サワグルミの木」にシジュウガラの若鳥のメスが来て 盛んに囀りながら探餌していました。

ハシボソカラス(Carrion Crow)

3/15日の夕方、 善福寺川に沿ったfenceや河岸やグランドに10羽くらいの集団で ハシボソガラスが戯れたり、探餌したりしていました。

4丁目の夕陽の頃

我が家の家の周囲では公園に隣接しているため、 比較的静かな季節の変化が手にとるように観察する事ができます。 今日も雨上がりの後、初春の暖かさも加わって、夕陽を追っかけるのも 心地よいひと時になりつつあります。

珍鳥オオカラモズのいる風景

オナガのようにゆったり飛ぶオオカラモズです。 久しぶりに興奮気味で撮ったこの鳥の風景を 余韻を残しながら振り返ります。      

超珍鳥オオカラモズ(Chinese Grey Shrike — 大唐百舌)

専門書にも西日本や日本海側での記録が多いとされているこの鳥は 私が生きている間には撮影できないであろうと思って諦めていました。 ネットでは昨年北信濃に出たとの記事がありましたが、到底お目にかかれないと 諦めてもいました。3人の鳥友に電話するも撮影pointが不明とのこと。 4人目の久さんに電話すると、丁度 現地に到着して間もないところでした。 躊躇することなく、そのpointを懇切丁寧に周囲の方に 確認を取りながら明確に教授していただきました。 久さんありがとうございました。 […]

ミモザー春告げ花 他

ソメイヨシノよりひと足先に咲く(河津桜と同時進行?)春告げ花—ミモザが鮮やかな 明るい黄色に咲き誇り、 周りを明るくして道ゆく人を惹きつけます。    

シメ(Haw finch)

気温16℃、余程暑いのか、日陰で居眠りをしていました。

ジョウビタキ(Daurian Redstart) &シジュウガラ(Great Tit)

メスのジョウビタキが元気に川筋を移動しながら、餌を探し回っていました。    

 

写真・関連製品ショップ

企業等の広告やPR等に最適な写真素材のご提供が可能です。
インテリアや毎日が楽しくなるグッズも用意しました。
詳しくはショップページをご覧ください。