小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。

高野山彦  (profile  /  English Greetings)

2007年より始めた「Gooブログ “高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館”」より引っ越ししました。
お陰様で、記事はいつの間にか2000近くとなり、写真は3万枚を超えました。(2023年4月時点)

図鑑を楽しむように気軽に写真を眺めていただくもよし、
基本的にカタカナで名前をいれていますので、お目当てを探してみてください。
色彩あふれる自然の中で、逞しく華麗に躍動する生き物たちの姿をお楽しみください。

無断転載を禁じます。サイトのご利用については利用規約をお読みください。

 

ギャラリー新着記事(最新10件 詳細はギャラリーページへ)

野鳥をメインに四季折々の自然の表情を、ブログ形式で刻々とお伝えしています。

アオバズク(Brown Hawk Owl) 

サンコウチョウの帰路の途中、森林科学館の森の中の 山塊に向かって右への道の途中、 林立するメタセコイアの木の中ほどでアオバズクが見られました。 ここは駐車場がなく、近くのparkingで格安で止められます。 科学館の入場料百円。特色ある黄色い虹彩は眠た目で見られませんでした。    

サンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)

雌雄交代で抱卵に入ったサンコウチョウ。 森中に澄み切った美しい声で呼び合っていました。    

オオタカ(Northern Goshawk)

  オオタカの雛はすくすく育っています。 両親は協力しあって懸命に育てています。 雄親はハンティングに雌親は雛の周辺を付かず離れずに 警戒を怠りません。  

サンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)

遅ればせながら、今季初のサンコウチョウです。 相変わらずコバルトブルーの目と嘴に魅了されます!

オオタカ(Northern Goshawk)の枝運び

  今夕もメス親が枝折をして巣に運んでいました。 ヒナが生まれてもなお巣の補修には余念がない。 3羽も産まれて体重がかかると、巣も痛むのであろう。 実に甲斐甲斐しい、子育ての実相を見せられました。

オオタカ(Northern Goshawk)

夕刻5時過ぎ、雄親が椋鳥を巣の上流域で捉え、メス親に 手渡したようです。ヒマラヤスギ群落の外側の枝で一休みした後 メスは3羽の雛の待つ巣に飛び入りました。

オオタカ(Northern Goshawk)

久しぶりにオオタカのオスが撮れました。 本日の最高気温が28℃の暑い中、 メスに餌渡しをした後、川の中に足だけ入り、 水を飲んだ後、飛び上がったシーンです。

テングチョウ(Libythea lepita)

快晴の朝10時半頃 いつもの池の広場のやや湿った地面のareaに 珍しくテングチョウが1頭、水分か養分を摂っているのをSさんが見つけ、 一緒に撮らせていただきました。 なかなか飛び上がらないので、お互いに個体のすぐそばを歩いて 風圧をかけて飛ばし、表面のオレンジ色班と背中の青色が綺麗に撮れました。

ツバメ(Barn Swallow)

3月中旬ごろから入っているツバメは 快晴の日、朝早く(7時頃から)から、 雌雄が探餌&捕虫で猛speedで苦中飛行していました。 宙返りなどするツバメの撮影のスリルを味わいました。

アオサギ(Grey Heron)

青鷺交接ー情動的行動の感動的極致

 

写真・関連製品ショップ

企業等の広告やPR等に最適な写真素材のご提供が可能です。
インテリアや毎日が楽しくなるグッズも用意しました。
詳しくはショップページをご覧ください。