小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。

高野山彦  (profile  /  English Greetings)

2007年より始めた「Gooブログ “高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館”」より引っ越ししました。
お陰様で、記事はいつの間にか2000近くとなり、写真は2万枚を超えました。(2019年6月時点)

図鑑を楽しむように気軽に写真を眺めていただくもよし、
基本的にカタカナで名前をいれていますので、お目当てを探してみてください。
色彩あふれる自然の中で、逞しく華麗に躍動する生き物たちの姿をお楽しみください。

無断転載を禁じます。サイトのご利用については利用規約をお読みください。

 

ギャラリー新着記事(最新10件 詳細はギャラリーページへ)

四季折々の自然の表情を、ブログ形式で刻々とお伝えしています。

ヤマガラ(Varied Tit)

今年は9月に入っても例年になく暑い夏のような日が続きました。 それでも月末頃になって、少し涼しくなり山からヤマガラが降りてきました。 森のあちこちに散らばっているようですが、 10/8には2羽目撃しました。確か昨年は見えなかったように覚えていますが・・  大好きなエゴの実が今年は豊富で、実を拾っては枯れた古木の小さな穴に 格納したりして、ほとんど毎日のように現れます。

エゾビタキのお食事&その他の鶲たち

みずきの木の実の数が南へ通過中のヒタキたちに食べられだんだんと少なくなってきました。 オオルリは全く姿を現さなくなり、ついでコサメビタキもいなくなりました。 残るはキビタキとエゾビタキですが、3〜4羽いたキビタキの♂は次々といなくなり、 8日現在黄色い姿を見たのは1度だけでした。 いつもいたミズキの実がなくなると西側の木にはまだたくさん実が残っていたので その木の周辺に頻繁に現れ、撮りやすくなりました。 エゾビタキとキビタキの♀は最後まで居残るかも […]

キビタキ風景

               

キビタキの雌雄(2019晩夏〜初秋)

  成長–雄   成長–雌 雌

キビタキ雄のpellet

  pellet吐き出し    

キビタキの食事(ミズキの実を食べる)

    ミズキの実の熟したものをごっくんと一息で食べていました。 夕方4:30頃の撮影です。    

サンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)ー初秋の南への渡り

私たちのFIeldでは初秋に入って既に3回ほどサンコウチョウの渡りを 撮影した方々がいました。 今朝10時過ぎ公園で一番深いかと思われる川に沿った60mほどの混交林が地元のシジュウガラや エナガ、渡り途中のキビタキやエゾビタキ、コサメビタキなどの 混群の飛来でざわついた中に待ちに待っていたサンコウチョウが入っていたのです。 ヒタキ類や地元の野鳥たちに比べてひと回り大きいサイズのサンコウチョウは 存在感が抜群で、思わず「サンコウチョウだ!」と叫んでしまいました。 今日はカラフル […]

オオルリ(Blue & White Flycatcher) 2019/autumn

今秋は猛暑もやっと過ぎ、やや涼しくなってから珍しく成鳥も若鳥も幼鳥も次々に入っています。                

ツツドリの事故死

fieldに飛来していた赤色型の若いツツドリがツミに追われてKグラウンドの周囲に 張り巡らされていたネットに頭を突っ込んで即死して落下したようです。 Hさんが健気にも亡骸を埋葬して弔ってくださいました。 その際美しい尾羽や風切羽根を鳥友仲間で分け合い、 楽しませていただいた生前を偲びました。          

今秋のキビタキ雄

      

 

写真・関連製品ショップ

企業等の広告やPR等に最適な写真素材のご提供が可能です。
インテリアや毎日が楽しくなるグッズも用意しました。
詳しくはショップページをご覧ください。