小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。

高野山彦  (profile  /  English Greetings)

2007年より始めた「Gooブログ “高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館”」より引っ越ししました。
お陰様で、記事はいつの間にか2000近くとなり、写真は2万枚を超えました。(2019年6月時点)

図鑑を楽しむように気軽に写真を眺めていただくもよし、
基本的にカタカナで名前をいれていますので、お目当てを探してみてください。
色彩あふれる自然の中で、逞しく華麗に躍動する生き物たちの姿をお楽しみください。

無断転載を禁じます。サイトのご利用については利用規約をお読みください。

 

ギャラリー新着記事(最新10件 詳細はギャラリーページへ)

四季折々の自然の表情を、ブログ形式で刻々とお伝えしています。

#サンコウチョウ 抱卵の雌雄交代風景

あたりの様子や声を聞き分ける仕草があって 雌雄のどちらかが抱卵中の巣を飛び出すと、間髪を入れずに もう一方が巣に入ります。

サンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)オスの抱卵

抱卵は雌雄交互に行うが時間的にはメスの方が圧倒的に長時間(0.5時間〜1.5時間)で オスは時間的には1/3〜1/4の長さである。

シロエリオオハム(Pacific Loon)ーー②

シロエリオオハムの羽ばたき&羽繕い

シロエリオオハム(Pacific Diver)

ライファーである「シロエリオオハム」は彩の国の彩の人の情報のおかげで 彩湖でgetしました。 両親とその子の3羽もいました。

花柘榴( Double pomegranate)

和田堀公園の下流域右岸、小高い丘への上り道の左手にこの時期に毎年咲く 枝先に赤色や白覆輪の八重咲きの「花ざくろ」が情熱的に咲いていました。 周囲には額紫陽花も今を盛りと咲いていました。 花の周りをコガネムシの仲間や「ホシミスジ」も ゆったり回遊していました。

アカシジミ( Orange Hairstreak)

川筋の道沿いにあるコナラの木の葉を食草にする アカシジミに2年ぶりに遭遇しました。 時期的には少し遅いような気もしますが・・・・  

コゲラ(Japanese Pygmy Woodpecker)

脇目も振らずCMを全く無視で探餌中でした。    

カルガモ(Eastern Spot-billed Duck)

カルガモの誕生-5日をすぎて、13羽が9羽に減りました。 カラスか、蛇か天敵との遭遇は宿命か!?

コサメビタキ(Asian Brown Flycatcher)

サンコウチョウのいるfieldではコサメビタキも営巣していました。 頻繁に目の前の高木の枝に登場してくれました。  

ホトトギス(Lesser Cuckoo)

山に行けば大抵遭遇するホトトギスも 都市公園では声はすれどもなかなか姿を現してはくれません。 鳥仲間で5~6回森中に響き渡る声を聞くたびにスワッと撮影準備するも 姿は見えません。周囲はカラスも多く、警戒心が強いのでしょう。 わずかに2人の若手のbirderが撮れたようです。 そこでT.Fさんに懇願して拝借したのがこの美しい写真です。 よく鳴いていたし、オスのようでした。

 

写真・関連製品ショップ

企業等の広告やPR等に最適な写真素材のご提供が可能です。
インテリアや毎日が楽しくなるグッズも用意しました。
詳しくはショップページをご覧ください。