小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。

高野山彦  (profile  /  English Greetings)

2007年より始めた「Gooブログ “高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館”」より引っ越ししました。
お陰様で、記事はいつの間にか2000近くとなり、写真は2万枚を超えました。(2019年6月時点)

図鑑を楽しむように気軽に写真を眺めていただくもよし、
基本的にカタカナで名前をいれていますので、お目当てを探してみてください。
色彩あふれる自然の中で、逞しく華麗に躍動する生き物たちの姿をお楽しみください。

無断転載を禁じます。サイトのご利用については利用規約をお読みください。

 

ギャラリー新着記事(最新10件 詳細はギャラリーページへ)

四季折々の自然の表情を、ブログ形式で刻々とお伝えしています。

ツミ(Japanese Sparrowhawk)–雀鷹–

近所の川沿いの楠木で ツミの雌雄に遭遇しました。 猛暑の中暑いのでほとんど日陰にいました。

オナガ(Azure-Winged Magpie)

早朝の川筋で1羽のオナガが餌を探して 飛び回っていました。  

オオタカ(Northern Goshawk)幼鳥の飛翔

連日の異常な高温で6日目となる。 暑さを避け早朝から大鷹のfieldで頑張りました。 3羽の幼鳥が親の見える範囲で飛び回っていました。

夕刻の飛翔(大鷹)

  夕焼けの中、3羽の幼鳥に模範飛翔を見せつけました。  

オオタカ(Northern Goshawk)

本日日暮間際、大鷹幼鳥3羽が初めてヒマラヤスギの梢のてっぺんで 親から餌をもらいました。その後第1子が 川の脇の電線に親子で飛んできて留まりました。 どうやら今年も無事に3羽とも無事に巣立って、 うまく自立してゆけそうです。

ツミ (Japanese Sparrowhawk)

ツミの別個体のPairが天王橋の右岸近くの 高木の楠木や百合の木を飛び渡り、鳴きながら飛び回っていました。 雄はまだかなり若鳥の様でした。 江戸時代、この辺りは徳川家の鷹類の狩場だった ことが最近読んだ本に書かれていました。 そのDNAを持った子孫がこの善福寺川流域界隈に 命を繋いでいることのようです。

オオタカ-雛の成長過程

今年も昨年同様雛が3羽無事に生まれました。 あちこちの都市公園にも2羽3羽と生誕の情報が 入ります。近場で野鳥の生態を具に観察できることは とても幸せです。

オオタカ(Northern Goshawk)の餌運び

雛も幼鳥となって、食欲が旺盛になり オスメス両親が協力し合って餌運びに余念がありません。 ハンターはお父さん、給餌はお母さん。

サンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)

コバルトブルーの目と嘴が魅惑的!

メジロの揉め事

オス同士かpairかは不明ですが、ちょっとしたイザコザがありました。

 

写真・関連製品ショップ

企業等の広告やPR等に最適な写真素材のご提供が可能です。
インテリアや毎日が楽しくなるグッズも用意しました。
詳しくはショップページをご覧ください。