小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。

高野山彦  (profile  /  English Greetings)

2007年より始めた「Gooブログ “高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館”」より引っ越ししました。
お陰様で、記事はいつの間にか2000近くとなり、写真は2万枚を超えました。(2019年6月時点)

図鑑を楽しむように気軽に写真を眺めていただくもよし、
基本的にカタカナで名前をいれていますので、お目当てを探してみてください。
色彩あふれる自然の中で、逞しく華麗に躍動する生き物たちの姿をお楽しみください。

無断転載を禁じます。サイトのご利用については利用規約をお読みください。

 

ギャラリー新着記事(最新10件 詳細はギャラリーページへ)

四季折々の自然の表情を、ブログ形式で刻々とお伝えしています。

スズメ(Eurasian Tree sparrow)

都市公園や都会では激減していると言われる、スズメも 休耕田や郊外の畑地にゆくと かなりな数の集団で見られます。    

 アトリ(Brambling)

春楡の木の実に十数羽のアトリが きて盛んに食事をしていました。

ベニマシコ(Long-tailed Rosefinch)

久しぶりに赤い鳥を渡瀬遊水池のfieldで 撮ることができました。

ミサゴ(Western Osprey)

チュウヒと同じfieldの樹上で 豪快に食事をしていました。 胸の帯が目立つので多分雌ですね。(+アオサギ)

ホオジロ(Meadow Bunting)

沼のほとりには小型の小鳥たちが数種類いて これがまたチュウヒなど猛禽類の格好の獲物になるわけです。 シーズン初めにはたくさんいても 終わりの頃はかなり個体数が減、ということになります。 それにしても小鳥はいつも可愛いですね。

チュウヒ大陸型♂(Eastern Marsh Harrier)

愛称をズグロチュウヒと呼ばれる大陸型のチュウヒ♂。 初めての撮影です。 地元のベテランbirderに親切にガイドしていただき、 嬉しくも容易く撮影できました。 ありがとうございました。大感謝です。 その上、チュウヒの狩場はオオジュリンやカシラダカなどの小型の小鳥たちもたくさんいて、 長時間楽しむことができました。

アオサギが塒入りする夕刻

全国どこにでもいる青鷺ですが、 目の前を飛んでいるとどうしてもshutterを押してしまいます。 ねぐら入りする青鷺の天空は夕焼けして、荘厳感が漂い 今日1日を無事に送れたことに感謝の念が湧いてきます。–茨城県涸沼にて–

ケアシノスリ(Rough-legged Buzzard)②

小さな川の岸辺の地面を隈無く探して、 ネズミなどの齧歯類を懸命に探していました。 いないとなると小さな小鳥をも襲います。 尾羽の帯の線の状態から見て未成鳥にも雌にも見えます。   以下は参考です。

ケアシノスリ(Rough-legged Buzzard)①

埼玉県北部にケアシノスリが入っているというので M君と一緒に行って来ました、 ノスリやオオノスリは撮ったことがありますが この鳥は初撮りです。

オオタカ、カラスを追尾

4年ぶりの1月降雪の7日、 久しぶりにオオタカfieldに行って、飛び出しを待っていると カラスが接近して来たのでオオタカがカラス目掛けて飛び出し、 猛speedで追尾し始めました。

 

写真・関連製品ショップ

企業等の広告やPR等に最適な写真素材のご提供が可能です。
インテリアや毎日が楽しくなるグッズも用意しました。
詳しくはショップページをご覧ください。