小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。

高野山彦  (profile  /  English Greetings)

2007年より始めた「Gooブログ “高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館”」より引っ越ししました。
お陰様で、記事はいつの間にか2000近くとなり、写真は2万枚を超えました。(2019年6月時点)

図鑑を楽しむように気軽に写真を眺めていただくもよし、
基本的にカタカナで名前をいれていますので、お目当てを探してみてください。
色彩あふれる自然の中で、逞しく華麗に躍動する生き物たちの姿をお楽しみください。

無断転載を禁じます。サイトのご利用については利用規約をお読みください。

 

ギャラリー新着記事(最新10件 詳細はギャラリーページへ)

四季折々の自然の表情を、ブログ形式で刻々とお伝えしています。

オオタカ(Northern Goshawk)の滑空

樹間から空を見上げると大きめの鳥が飛ぶので 咄嗟にshutterを押したら撮れていました。 オオタカの雄のようでした。 探餌中の飛行のようでした。

コサギ(Little Egret)

今夏最後の最高気温30℃ 強風も吹いて野鳥の活動も思わしくない。 夕方 池にコサギが来ていたのでこれを撮って帰りました。

ベニシジミ(Lycaena phlaeas)

オオルリを探しに行ったが会えずじまい。 で小さな花壇に来ていた夏型のベニシジミを手に入れました。 羽先が角張っているので♂のようでした

キビタキ雄(Narcissus Flycatcher)

快晴の秋晴れの日曜日、 公園は訪問者が多かったのですが、 公園の比較的静かなareaではキビタキの雌雄が 地元の小鳥たちと一緒に飛び交ったいました。 高木の樹間ではどうしても雌よりもオスの方が目につきますね。

キビタキその他

キビタキの雌雄が複数いるようだ。 時々ツミがやって来て 怖い思いをさせているが大木の樹間の中に うまく逃げ込んでいます。 これではツミもお手上げ。 アブラゼミを足下に抑え込んでいました。

サンコウチョウ(JPF)

今秋 #サンコウチョウ(JPF)との出会いは5度目です。今回のはメスの若鳥のようです。 相変わらず地元のシジュウガラ、エナガ、メジロ、コゲラなどとの混群の中に見られました。 どうやら地元の小鳥たちから案内されているようです。

エナガ(Long-tailed Tit)

今春生まれの地元のエナガちゃんは だんだん美しくなり始めました。

エゾビタキ(Grey-Spotted Flycatcher)

エゾビタキは昨日(9/19)から入っていたようです。 高木の梢を中心に飛びながら虫を捕獲して、 元いた場所の枝先に飛び帰るという飛翔patternを繰り返していました。 1度に3羽撮ることもできました。

キビタキ雌雄他(Narcissus Flycatcher)

  今秋、CMの中には既に10日頃前からキビタキを撮った方がいました。   気候も雨が多くfieldには出られない日もありました。  25日日曜日、雨が止んだ翌日キビタキやセンダイムシクイ、 コサメビタキなどが地元のシジュウガラやメジロなどとの混群で1度に現れました。 今後も次々に渡去が続くことでしょう

センダイムシクイ(Eastern Crowned Warbler)

14号台風一過、快晴の朝 コサメビタキ、シジュウガラ、エナガなどの混群の中にいました。 櫨の木の実のなる木の周囲の高木に採餌して周っていました。

 

写真・関連製品ショップ

企業等の広告やPR等に最適な写真素材のご提供が可能です。
インテリアや毎日が楽しくなるグッズも用意しました。
詳しくはショップページをご覧ください。