TAKANO YAMAHIKO

高野山彦

- gallery野鳥花蝶写真館 -

キビタキ雄のpellet

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他

  pellet吐き出し    

続きを読む

キビタキの食事(ミズキの実を食べる)

    ミズキの実の熟したものをごっくんと一息で食べていました。 夕方4:30頃の撮影です。    

続きを読む

サンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)ー初秋の南への渡り

私たちのFIeldでは初秋に入って既に3回ほどサンコウチョウの渡りを 撮影した方々がいました。 今朝10時過ぎ公園で一番深いかと思われる川に沿った60mほどの混交林が地元のシジュウガラや エナガ、渡り途中のキビタキやエゾビタキ、コサメビタキなどの 混群の飛来でざわついた中に待ちに待っていたサンコウチョウが入っていたのです。 ヒタキ類や地元の野鳥たちに比べてひと回り大きいサイズのサンコウチョウは 存在感が抜群で、思わず「サンコウチョウだ!」と叫んでしまいました。 今日はカラフル […]

続きを読む

オオルリ(Blue & White Flycatcher) 2019/autumn

今秋は猛暑もやっと過ぎ、やや涼しくなってから珍しく成鳥も若鳥も幼鳥も次々に入っています。                

続きを読む

ツツドリの事故死

fieldに飛来していた赤色型の若いツツドリがツミに追われてKグラウンドの周囲に 張り巡らされていたネットに頭を突っ込んで即死して落下したようです。 Hさんが健気にも亡骸を埋葬して弔ってくださいました。 その際美しい尾羽や風切羽根を鳥友仲間で分け合い、 楽しませていただいた生前を偲びました。          

続きを読む

今秋のキビタキ雄

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥

      

続きを読む

エゾビタキ-秋の渡り

35℃前後の猛烈な暑さも9月半ばともなると一気に気圧配置も代わり、朝夕の涼しさでホッとします。 この時期 東北や北海道で営巣していた野鳥たちは大都会の東京のド真ん中の都市公園を中継地にして、 南西諸島や東南アジアの諸国に旅立ちます。和田堀の森には今、みずきの木の実が実っていて、これを 目論んで野鳥の親子共々次々に飛来します。エゾビタキ、コサメビタキ、キビタキの雌など色は地味系 ですが大樹の多いこの森ですら今夏は昼間でもやりきれない暑さに見舞われました。    小鳥の飛来は間違 […]

続きを読む

キビタキ(雌)-秋の渡り

 

続きを読む

コサメビタキ-秋の渡り

 

続きを読む

アサガオ

アサガオ

  毎年の夏の風物詩のアサガオは公園のfenceや家屋の庭先やベランダで色鮮やかに咲いていて、 花の命が午前中の3時間くらいで萎むため、その美しさを残すためには早起きが必要となり、 鮮やかな色にウットリさせられます。      

続きを読む