TAKANO YAMAHIKO

高野山彦

- gallery野鳥花蝶写真館 -

公園の原っぱには・・・・   —12.7.31—

  • 日付:
  • カテゴリー: 風景
公園の原っぱには・・・・   —12.7.31—

真夏の朝早く公園を散歩すると、昆虫や蝶が涼やかな朝露のクサの上で羽を乾かしたり、まだ覚醒できづに動きが鈍く比較的撮りやすいものだ。   ヤマトシジミ♂の若    アオメアブ(赤目になっているのは朝の光の加減です)  クサの 葉に影が落ちている  ベニシジミ  

続きを読む

真夏の秋が瀬     —12.7.30—

真夏の秋が瀬     —12.7.30—

気温35度以上、炎天下のヨシゴイを撮影し終わって、帰路、森の中の涼を求めて秋が瀬に立ち寄ることにした。もしかしてまだミドリシジミがいるかもしれないと思いながらハンノキの下クサを丹念に探して歩きました。いました!全部で9頭発見。昼間なので、開帳とはいかず、閉じたままの裏翅のみ。しかし♂は飛び出すと見事に緑色や青色の輝きを魅せてくれました。飛び姿はもちろん撮影不可能でした。以下が秋が瀬の成果(盛夏)です。  ミズイロオナガシジミの裏翅  ミドリシ […]

続きを読む

ヨシゴイが古代蓮の池に  —12.7.30—

  • 日付:
  • カテゴリー: 風景
ヨシゴイが古代蓮の池に  —12.7.30—

東南アジアからの使者、鷺類では最小のヨシゴイが埼玉県の蓮池に5羽ほど入っていると聞いていましたが、夏中滞留しているというので、時期的にはゆっくり遅れて、朝早く鳥仲間3人で訪問して参りました。早朝から真夏の風物詩、蓮の花の群落に見え隠れして、時には岸辺の足下まで近寄って来ては小魚やエビなどを捕獲していました。  ヨシゴイが主人公。  花ハスが主人公です。 近づきすぎて指が欠けてしまった  岸辺でゴリを捕獲して得意になっています 

続きを読む

ヒマワリSunflower 色々  —12.7.20—

ヒマワリSunflower 色々  —12.7.20—

ヒマワリと言えば、名画“ひまわり”を思い出します。耳に残る哀切極まりないメロディーの故か、戦争が引き起こすストーリーの悲しさ故か。30年以上前に観たヴィットリオ・デ・シーカ監督Henry Mancini音楽の作品でした。70を超えたこんな年になってもあの映画は心の奥に残っています。あの時のひまわりは画面一杯のヒマワリ畑でした。  名作のダイジェストにワープインしてみて下さい。 http://www.youtube.com/watch?v=Mi […]

続きを読む

クロアゲハPapilio protenor demetrius Cramerほか  —12.7.26—

クロアゲハPapilio protenor demetrius Cramerほか  —12.7.26—

ラジオ体操のあと、薄暗い茂みに羽を広げた孵りたてのクロアゲハを見つけました。急いでカメラを取りに帰り、戻って来たら姿が見えなくなっていた。諦めきれず、甘い香りを周囲に放っているアベリアの花に近づくと吸蜜していました。 

続きを読む

ハラビロカマキリHierodula patelliferaの赤ちゃん  —12.7.25—   

ハラビロカマキリHierodula patelliferaの赤ちゃん  —12.7.25—   

近くの花壇には夏の花がいろいろ咲き誇っています。グラジオラスの花弁をよく見ると子ハラビロカマキリがアリを捉えて食べようとしていました。  グラジオラスにハラビロ子カマキリ アリを食べています。  食べた後カメラのこちらを睨みつけられました。 

続きを読む

サンコウチョウJapanese Paradise Flycatcher2番子誕生(Second child born ) —12.7.22—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他
サンコウチョウJapanese Paradise Flycatcher2番子誕生(Second child born ) —12.7.22—

  This year’s rainy season climate instability  delayed  the birth of the chick.Photographer was delighted finally to the birth of the chicks were born.Grow up safely, please bring back the islands of the Philippines.An […]

続きを読む

ジャコウアゲハ Atrophaneura alcinous —12.7.20—

ジャコウアゲハ Atrophaneura alcinous —12.7.20—

今年最高気温の35度になった20日の森の中は約4、5度は低く凌ぎやすい。花ハスを撮った帰り道、町中に出るのもまだ暑いので演習林を回遊して帰る事にしました。池のFIELDでは撮れない貴重な蝶に出会いました。   ジャコウアゲハ♀  後翅が伸びている   アカホシゴマダラの求愛  乱舞 

続きを読む

暑さを避けて、今日も池に・・・・・—12.7.18—

  • 日付:
  • カテゴリー: 風景
暑さを避けて、今日も池に・・・・・—12.7.18—

梅雨明け10日の猛暑とか言うが、正にそれ。とにかく暑い。 ・・・・で節電と健康を意識して、池に。  池の島近くカイツブリが巣作りを始めました。池の底から木屑や落ち葉を集めてはペア—で懸命に相談しながら池の表面高く巣を構築し始めました。 口に目一杯銜えて手早く積み上げてゆきます。 ♀は産気づいたのか急いでいる様子です。 時々新築中の自宅工事現場から離れてホット一息ついています。  写真撮影現場の手前の池の柵ではハラビロカマキリの赤チ […]

続きを読む

久方ぶりの池の周辺には・・・・—12.7.17—

  • 日付:
  • カテゴリー: 野鳥他
久方ぶりの池の周辺には・・・・—12.7.17—

関東地方の梅雨明け宣言は本日のようだ。朝ラジオ体操をしたら、猛烈に暑いので一汗かき、一休みすれば眠気が来る。もう、夏なのだ、年なのだ。無理をせず余生を楽しもう。用がなければ、公園の方が空気がよく、気温も低いので極力冷房を避けて公園に行く事にしている。  シジュウカラも暑いので木陰に。 ゴイサギも暑さをさけて、木陰で動かない。 カワセミは時々姿を見せて小魚を捕っている。 川ではまたカルガモの赤ちゃんが7羽誕生していました。  マメコガネを見つけました。 カワ […]

続きを読む