TAKANO YAMAHIKO

高野山彦

- gallery野鳥花蝶写真館 -

エゾビタキ-秋の渡り

35℃前後の猛烈な暑さも9月半ばともなると一気に気圧配置も代わり、朝夕の涼しさでホッとします。 この時期 東北や北海道で営巣していた野鳥たちは大都会の東京のド真ん中の都市公園を中継地にして、 南西諸島や東南アジアの諸国に旅立ちます。和田堀の森には今、みずきの木の実が実っていて、これを 目論んで野鳥の親子共々次々に飛来します。エゾビタキ、コサメビタキ、キビタキの雌など色は地味系 ですが大樹の多いこの森ですら今夏は昼間でもやりきれない暑さに見舞われました。    小鳥の飛来は間違 […]

続きを読む

キビタキ(雌)-秋の渡り

 

続きを読む

コサメビタキ-秋の渡り

 

続きを読む

2019.2,3日長岡の花火

2019.2,3日長岡の花火

今年も新潟県の長岡市の花火大会が例年以上に盛大に挙行されました。                                                           &nbs […]

続きを読む

セミの羽化−2

セミの羽化−2

昨日は3脚無しで手持ちで撮ったので、ピンの甘い結果となり、 不満なので、今日再度セミの羽化撮影に挑戦。 昨日よりは少しマシかなと・・・                                                 &nbs […]

続きを読む

サンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)

サンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)

雛がだんだん大きくなって来て、ペア—は子育てに大忙し・・・・(八王子城址)— 7/1     雄の給餌         雌の給餌     ひと休み     雌もひと息     雌の飛び出し                

続きを読む

大賀ハス他たくさん 

大賀ハス他たくさん 

朝、新聞を読んでいると真夏の名花のコラムが目に飛び込んできました。 大賀ハスをはじめ多品種の花ハスが今日1日限りで公開して下さる、という記事。 食べ方が遅い朝食をそこそこに急いで猛烈な暑さも忘れ、車で馳せ参じました。やはり見事なものでした。 こんなにたくさんの品種を魅せて頂いたのは初めてです。 ☆日本の在来品種、☆中国で作られた品種、☆キバナバスとキバナバス に由来する品種、☆旧緑地植物実験所で作出された品種 など盛りだくさんです。            詳しくは       […]

続きを読む

カルガモの飛翔

いつもは都市公園の川面の周辺に飛び交っている カルガモも関東平野の郊外の広大な水田にもいることがあります。 タマシギを撮る機会に反対側の水田にいた数羽のカルガモの飛翔を 夕方撮ってみました。                                      

続きを読む

タマシギ(Greater Painted Snipe)

タマシギは関東地方に留鳥として繁殖しています。 水田や湿地、休耕田などに生息します。 丁度水稲が伸びてその姿が隠れる頃に雛が生まれます。 今回訪れた埼玉県の現地は休耕田の一角でした。 雛が2、3羽いて時々その姿が見えますが 確かなことはわかりませんでした。 この鳥は繁殖に関わる行動がペリカンのように雌雄逆になっていて、 一妻多夫で、雄が子育てを担当します。雌は卵を産むと同時に 新たな伴侶を求めて巣から離れます。 これは田圃に水量が増したりして卵が水害に被災するのを計算の上、 […]

続きを読む

第6回杉並稲門会 写真部作品展

1月に開催した第5回目から早くも半年。今月13日(木)〜17日(月)の5日間いつもの阿佐ヶ谷区民センター1階「ぶらっとりー」で開催します。楽しい個性あふれる作品がズラリ並びます。お買い物のついでなどにぜひお立ち寄りください。お待ちしております。

続きを読む