梅雨時の晴れ間に、公園の花壇に植わっていた
可憐なパンジーの花

この花の葉っぱを悪魔のような色合いとトゲをもった幼虫は
ツマグロヒョウモンの幼虫です。

刺されたら痛くて飛び上がりそうな棘が体中にあり、それも濃い赤黒の目立つ色彩です。
これでは鳥も寄り付かない事でしょう。

散歩中に見つけたので、カメラを取りに帰宅し、
大急ぎで戻ると、もと居た場所にはみつからない。
周囲を探してもいないので 諦めかけていたが、
約1.3㍍離れた別のパンジーの株にいました。
たった10分くらいの間に1㍍以上も移動したのだ。
僅か6cmくらいの体長でこの行動半径の広さ!
この生命力が温暖化している日本中を席捲している
原動力なのだろう!


気味悪~い、逃げ出したくなるような顔つき・・・拡大図。

そして・・・・大変身

以前にもお見せした成虫です。


♀です。


♂です。



♀です。


♀の裏面です。

色合いの赤黒はどこかに幼虫時の色の痕跡が残っているようです。