巣立ちから2日目までは、親が餌を捕ったり、水浴びをしたりするのを、
じっと見ていたりします。成長の個体差はありますが、
3日~4日目になれば、親は子供に自分で餌を
捕ることを教え始め、わざと空腹にさせたり、
励まして餌場に飛び込ませたりし始めます。


パパ–「さあ、飛び込んで捕ってごらん!」


子供–「パパ、怖いよ~」


パパ–「何でも食べるんだよ」


テナガエビをもらった子供。

弟–「僕にも ちょうだいよ~」


片羽伸び  もします


母親に未だ餌の催促をしています。(左から2羽目が親)